私は大学卒業時に10日間の合宿免許に行きました。

最初は行く気がなかったのですが、社会人になってからは通うのが難しいという理由から急遽申し込むことになりました。

それに学校側としても、卒業生の口コミは重要になっているはずで、卒業生から「○○学校のご飯は美味しくない」なんて聞いてしまった人は二週間近く食べる料理が不味いだなんて、行きたくもなくなってしまうはずです。

 自動車学校のパンフレットでよくよく目にする紹介文は、取得コースの説明や、風光明媚を讃えた爽やかなキャッチコピーですね。

でも合宿、ですから。

寝るし食べるし、どうせ食べるなら美味しいものがいい!しかし、いざメンバーで集合してみるとそんな不安な要素はどこへなくなりました。

彼氏・彼女ができやすいです。

悪く言うと、缶詰めの状態であるため、そういった生活を送ることになります。

一定期間、自分と交わないタイプの人とも、顔を合わせる必要があります。

教習の中身ですが、合宿免許はほぼ落ちる事はありません。

利益を優先しているので、延長する人は見当たらないという事です。

私は不安に感じることがありませんでした。

合宿免許なら、一気に覚えることが出来ます。

しかし卒業検定は死ぬほど緊張しました。

知らない土地、知らない道…とっても不安だったのを覚えています。

無事に卒業できて、17日はすぐでした。

みんなと仲良くなったのに別れると嫌だなとさみしい思いをしたのを遠い昔のように感じます。

若いころの忘れがたい思い出です。

合宿免許では、みんなと仲良くなっているのでいろいろな情報交換をやりやすくなっています。

合宿で出来た友達とのコミュニケーションが続いている人が多くいます。

合宿免許教習所では、延長が少ないのが特徴です。

予定通りに免許取得が可能なようにスケジュールを組み込んでいます。

延長料金を払わなくていいように、カリキュラムができているのです。

合宿免許は良い制度です。

免許をとるなら合宿免許がおすすめです。

それは、運転の試験は学科は誰でも通るので、必要な部分を暗記すれば誰でも合格します。

合宿免許のデメリットはとても少ないです。

短期間で勉強しますので忘れません。

通学の教習所では、次回の予約が取れなくってここで曲がるところなど今までの教習の記憶がなくなったりします。

でも、短期間で覚えることが多くて、不安も感じました。

心配ならば、免許試験の問題を何回か繰り返し回答すれば大丈夫でしょう。

経費を抑えるために合宿を選んで、免許を取ってほっとしたと思いました。

免許を取れた後に、親でもいいので免許を持っている人に知恵を授けてもらえば割とスムーズに運転できるようになることでしょう。

慣れない運転技術については、自分で鍛えないと下手なままです。

合宿で、早急に廉価で運転免許を摂るほうがコスパが優れています。

免許を先に取ったほうが良いです。

自己鍛錬で運転感覚を覚えていくと大きな自信となるでしょう。

女性の合宿免許